スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうか!駒の近くで弾けばイイのか!! 

今日はホルベルクの合奏の日でした☆

とりあえず時間になるまで
昨日、弦トレーナーに教えてもらった音出し法をやりまして

ガツガツ弾きました!
音階練習をするときも、どうせならたくさん鳴らしてあげた方が良いかなと思いまして
ガツガツ伸ばしてあげました(笑

昨日、練習に来なかった人たちは
「特に新しい楽器はしっかり鳴らしてあげないと、楽器が響かなくなる」という事実を知らないので
その都度教えてあげました!
するとみんな驚いてガツガツ弾いていました(笑

楽器が響かなくなると聞いては、平常心でなんていられませんよね…

基礎合奏の時間になり、ボーイングの確認から初めて、音階練習、そしてキラキラ星変奏曲の弦楽合奏バージョンをやりまして
しかしながら…キラキラ星変奏曲の2ndヴァイオリンは難しすぎる…
4ポジから1ポジまでオクターブを弾きながら下がっていくというのは(ミミ・レレ・ド♯ド♯・シシ)…つらいですよ(汗

でも基礎が一杯詰まってるので、弾けないと不味いです…

ようやくホルベルクの合奏に入り
本番が11月8日と間近に迫ってきているので
本番を意識した練習になってきました

本番どういう形で演奏するかを話し合いまして
私は普通に座って演奏するのかと思っていたんですけど
立って演奏したほうが良いんじゃないのか…?という意見が出てきました
ヴァイオリンを立って演奏なんてほとんどしたこと無かったので、ちょっと反対よりだったんですけど
一度どんなものか立って合奏してみました

思っててより…普通?

むしろ自由度が増して、移弦がしやすかったかも…

とまぁ自分の中で新たな発見をしたわけなんですが、これ本番
物凄く緊張している中で立って演奏するのは…不安です
足ガクガクしそうで(汗

あれ…?でもフルートは立って指揮者の横で吹いたから、意外と平気なのかも…?
なにより、コンマスが立ってた方が指示出しやすいようで(指揮者はいません)
コンマスに合わせる身としては、分かりやすくて弾きやすかったんですけどね~

ただ、私…何度か合わせて気付いたんですけど、
全く動かないんですね…(汗

ボーイングの関係でヴァイオリンを外側に動かしたりはするんですけど
後はただ突っ立ってるだけの演奏に…

これじゃダメですよね~音楽は視覚も大切ですから~

でも私フルートのとき、練習では全く動かないんですけど
本番、衣装に着替えてライトを浴びると自然と動いたりするんですよね
そういうスイッチが入らないとどうも動けません(汗
ただヴァイオリンにいたっては動き方を知らない可能性もあるので、今からYouTubeで動きの研究です(爆


あぁ…本番が近いです…
大分弾けるようにはなってきたんですけど(テンポもインまで持ってこれましたし)
ハイポジションの音程を失敗しないか不安です
ピタッとちゃんと取れるときもあれば失敗もするんですね…
割合が7:3くらいでして、まだまだ不安な感じです…

しかも最後の小節のGの伸ばしが未だによく分からないんです(汗

4拍の伸ばしなんですけど、2拍・2拍でボーイングを分けるように楽譜に指示がでていまして
でもただ伸ばすだけじゃ終わった感じがしないじゃないですか~
なのでビブラートかけて、クレッシェンドしながら弾ききる感じでやるんですけど

コンマスや弦トレーナー、部長がやると
最後に「うぅ~~ぅわん…!!」と音が膨らむというか…えぐられているというか(笑

音を大きくするために弓に圧力をかけるんですけど
私がやると「う~~ぅギギわぁ…!」(圧力のかけすぎ)

どうも出来ないんですね…
コンマスや部長にどうやって弾くのか聞くと
「弓で弦をえぐる感じ」とか「圧力かけるんです」と言われるんですけど
圧力をかければ、それだけ弓のスピードも上がってくるじゃないですか?
弓が足らなくなるんですね(汗
終いには、毛箱がE線にガツンと当たって、弦を切ってしまいそうになる(切ったことないですけど)事故を起こしてしまうんですね…


練習していればいつの間にか出来るようになってるかな~と思ってたんですけど
いっこうに出来そうな気配がしないので、音を大きくするにはどうしたらイイのか考えたんですね

まずは…
1.圧力をかけること
2.弓のスピードを上げること(使う量を増やす)
3.駒の近くで弾く
と考えたのですが…

ん?待てよ…?
「駒の近くで弾く」……駒の近く……

そうか!と閃きまして、さっそく実践!
なんと…
「う~~ギぅわん…!」
雑音が凄いものの「ぅわん…!」と出来たんですね!!

忘れないように、何度も駒近くで弾く練習をしていたら
コンマスから「駒近くで弾くっていうより、弓の圧力もかけたほうがいいですよ」

ほほう…つまり1、2、3の全てをバランスよく使うのだな!と答えが導き出せまして
今日は失敗と成功が五分五分の割合で出来ました☆

いや~五分五分と言っても、昨日までは一度も出来なかったんですから、大きな進歩です♪

頭ではもう理解したので、あとはもう慣れです!
一度分かったのなら、もう「習うより慣れろ」ですよね☆

明日はシンコペの練習もプラスしてやらねば!
オペラの練習もしないと(泣






そうそう…オペラで思い出したんですけど、
数年前に「オペラ座の怪人」が映画化されて、そのとき聞いた曲がずっと心に残っていたんですね~
あの時は中学生だったので、映画を見ても、イマイチ内容が理解しきれてなかったので
今もう一度みたい映画です

その心に残った曲が「Think of Me」という曲です

本来は歌が入ってくるんですけど、ヴァイオリンのソロ(?)を見つけてしまいました♪



携帯の方はゴメンナサイ(汗
PCで見るか、ケータイの検索エンジンに「YouTube」と打ち込むと
「YouTube-Broadcast Yourself」というサイトがあるので
そこにアクセスして「Think of Me - A Phantom of the Opera music video」と打ち込めば見れますので…

お手数おかけしますね(汗

スポンサーサイト

Comments

ノリコさん、こんばんは!

楽器ってやっぱりガンガン鳴らしてあげないと響きが良くならないんですね~。スピーカーも同じかなと思っているのですが、近所迷惑になりそうだし…(≧∇≦)

ソロではなくて合奏でヴァイオリン、ヴィオラが立って演奏するのはあまり見たことがありませんが、あまり動いてなかったような記憶が…。バッハだったからかも(笑)。

http://www.youtube.com/watch?v=AGecTrhNzG4
↑これはヴィオラが結構動いてました。

YouTubeの枠を埋め込むことができるとは知りませんでした。早速真似しちゃいました(爆)。

練習がんばってくださいね!(^-^)/

Re: タイトルなし

> 楽器ってやっぱりガンガン鳴らしてあげないと響きが良くならないんですね~。スピーカーも同じかなと思っているのですが、近所迷惑になりそうだし…(≧∇≦)
スピーカーも時間が経つと音が馴染んできて音が良くなるって聞きましたよ!!
音量が関係しているのかは分かりませんが、機械でもそんなことがあるんだと驚きました


> YouTubeの枠を埋め込むことができるとは知りませんでした。早速真似しちゃいました(爆)。
私もブロともさんが埋め込んでるのみて、どうやるのか試行錯誤して発見しました!
これなかなか良いですよね☆


参考動画ありがとうございます!!すごい助かりました!!
ショスタコーヴィチは激しくてカッコいいですね☆
動きを研究しようとしたら、曲のほうに聞き入ってしまいました(笑


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/73-e41581e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。