音楽とは関係ない話だけど(もちろんヴァイオリンについても) 


今日は大学の講義にはでず、来年やる教育実習に必要な書類を
母校の小学校に提出に行きました☆

電車に揺られて約2時間。
なにかと疲れが溜まっていたのか……爆睡(笑

久しぶりに地元の駅に降り立つと
ヒヤッとした空気に、落ち葉の匂いが漂ってきまして
あぁ…懐かしいな。帰ってきた…という思いがこみ上げてきまして、少々感慨深くなりました

小学校のときから電車通学で、駅から学校までの200メートルの道のりをゆっくり歩いていくと
私が通っていたときからある紅葉した楓の木やイチョウの木、立派な松の木たち
学校が終わると電車の時間になるまで遊んでいた児童館
焼きそばが美味しいことで評判の小さなお店

な~んにも変わっていませんでした。
lkjhfcx


L;kjhgfd;jkhlgf

もの凄い田舎でしょ!?(笑

でも、自分で言うのもなんですが
私…いいところで育ったんだなぁ…と思っちゃいました(笑
今は交通の便のいいところに住んでいるので、こういう自然は皆無ですので
帰ってくるたびに、少しだけ嬉しくなります

母校で校長先生に教育実習についてお願いしにいったのですが
校長先生…なんと私が1~4年生のときに教頭をされていた方で
私のことを覚えていたんですね(驚
私は正直なところ、あんまり覚えていないんです(汗
というより、教頭先生のことは覚えているんですが、それが今の校長と同一人物であるという認識が薄いと言うか…しっくりこないと言うか…
まぁ…お互いに歳とりましたしね

しかも校長…クラシックが好きということで、本題の教育実習そっちのけで
クラシックについて語りました(爆
ボストン・ポップス・オーケストラにはまっているらしいです♪

楽しくお話をした後、用件を済まし、そのままヴァイオリンのために大学に帰ってまいりました!

せっかく戻ってきたのになんだか調子が上がらず、ちょっと大変でした(汗
音が素直に耳に入ってこないという現象がまたしても出てきまして(たまにあるんですが、こうなると何を練習してもイマイチなんです)

個人練習もつらくなってきた頃、今日は合奏をやらない予定だったんですが
メンバーが全員集まりまして、急遽やることになりました

シンコペーテッド・クロックですけど、今日私の中で新たに解釈が確立しまして



10小節目あたりに「タッタラ」というリズムがあるんですけど
今までこれは突っ込んだような、簡単に流して終わっていたんですね~
でも、ここは一つのまとまりが終わるところで、さらにシンコペーションな訳ですから
8分休符でブレスして「タッタラ」の“タラ”のところで遊び心が欲しくなったんですね~
つまり“タラ”の“タ”が8分音符なんですが、そこを遅めの装飾音符のように速くしたいんですね

そうすると終わった感じが出て、また新たに「ターリララン♪」って始まれるので
雰囲気出ませんか?

まぁ…いかにも的な感じで言っていますが
完全に根拠の無い、感覚での解釈です(汗

ただこの曲に関しては、遊び心を忘れたくないんですね~
だって時計なのにシンコペーションって(笑
壊れちゃったのかな?って感じがします


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/83-b96e8ef1