スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァイオリンの健康診断結果(修理に出しました) 


今日は部長とコンマスとともに楽譜を調達しに行く予定だったんですが
部長が風邪でダウンしてしまって、インフルエンザじゃないことを祈りながら

コンマスとともにヴァイオリン職人さんのところに行ってきました


私のヴァイオリンはその職人さんのところで買った
カルロジョルダーノのモデルVS-4という楽器なんですが

最近になってA線を弾くと…


ヴィーーーン…


と雑音がしまして…

以前トレーナーに相談したら、ヴァイオリンに詳しい彼にも原因が分からず

「こいつ…A線がビビッてんじゃん」
という謎の言葉を残していったんですね(爆


ヴィーーーン…と鳴るのは開放のときだけで
しかも弓で弾いている分には何も起きないんです

なので気に留めていなかったらコンマスに
「なるべく早いうちに見てもらった方がいいですよ」と言われ

丁度コンマスの弓の革も剥げてきていたので一緒に工房へ

いつも職人さんに楽器を見てもらうときは
駅で待ち合わせしていたので、どこに工房があるのか調べたら…

なんと私の家から歩いていける距離だということが判明!!

おぉ…びっくりじゃ…
ということは職人さんに無駄足をさせていたということに…

お忙しいのにゴメンナサイ…


というか…この間、人から聞いて判明したんですが
私がお世話になっている職人さんって、ヴァイオリン製作の世界大会で日本人でただ一人
入賞したという凄い人らしく
その人に毛替えをお願いすると、毛が全然抜けないという…
私はその人にしかメンテナンスをお願いしたことが無かったので、そんなことには全く気付かなかったのですが

ある人が別のところで毛替えを頼んだら
「この弓の毛替えは誰がやったの?」と言われて、その人の名前を言うと
「近くにその人がいるんなら、その人にやってもらいなさい。絶対その方がいいから」
と言われたらしく(笑

私…本当に凄い人に見てもらっているんだなぁと思いました…
私の周りって何気に凄い人がいます(汗


そして見てもらった結果ですが…


ヴァイオリン

線で囲んだこの部分が原因だったようです

調弦をしているとどうしても弦が行ったり来たりするわけですが、そのときに弦の下にある盛り上がっている部分が削れてしまい

削れて溝が深まると弦が指板に触れてしまい

ヴィーーーン…という音が鳴るようです


こんなにも簡単に原因が判明してしまったことに超驚きました…

対処としては、細かい木を溝のところに入れて
さらに指板をやすりで削ってあげるとのこと

さらに引き続き他に悪いところがないか見てもらうと
駒よりの指板が沈んで、凸っとしたところがあってA,E線の3ポジの1を押さえて弾くと
注意して聞かないと分かりませんが雑音が鳴るみたいです

これも指板を削って解決できるとのこと

ほかに何か気になることはあるかと聞かれ
他の弦に比べてA線が駒にめり込んでいるように思えるということを伝えると

これも調弦で弦が移動することで削れ、溝が深まったので
細かい木を埋めて、E線と同じ革を貼れば解決との事で

これらのメンテナンスでかかったお金は…


ゼロ円(すげー…)


職人さん曰く
「こういうトラブルはヴァイオリンを弾き続けたら必ず出てくることだから、うちではアフターケアをしっかりやるので安心して」とのこと

実は、初めての毛替えのときタダでやってもらったことがあるんです(完全に職人さんのご好意です)
おそらく、教授の紹介でヴァイオリンを買ったからだとは思うんですが
本当にありがたかったです


続いてコンマスの楽器
弓を見てもらったら、これは革を張り替えて
ちょっと腐食してしまった銀線をはんだでくっ付けてあげればいいとの事

ただ銀線を修理するには毛を一度外さなくてはいけないみたいで
一度外した毛は使いまわすことは難しいので
毛替えも同時にするみたいです

実際に目の前で弓の革を剥いで、毛も外していて
弓がただのニスの塗ってある棒になったのを初めて見ました…!

コンマスの弓は先端にあるチップが割れているみたいで、そのことを職人さんに伝えると
「これは前に毛替えをした職人さんが割っちゃったみたいだね~ちゃんと接着してあるから大丈夫だよ」
チップは剥がれない限り大丈夫とのこと

というか、職人さんがチップを割るということにかなりショックを覚えたんですが
このチップの部分は本当に繊細らしくて
どんなに注意していても割ってしまうことがあるみたいなんです
本来は象牙でチップを作るみたいなんですが、象牙はワシントン条約がなんとかでとっても高級になってしまったんですって
だからプラスチックで代用するみたいなんですが、強度が弱くなってしまうようです


職人さんにもいろいろあるんですね…
チップがそんなに職人泣かせであったとは…


そして本体を見てもらったら、職人さんはなんだかE線の音が気になる様子…
するとコンマスが「前から反応の悪さが気になっていたんですが…」と言うと

どうやらこの部分が
ヴァイオリン2

伸びてしまってテールピースが上に上がっているみたいです
そうするとよく言えば音が柔らかくなるらしいんです
柔らかい音が好みで、わざとそうしたのなら問題ないそうですが
標準から言うとテールピースの位置が上にあるようです

標準の位置に戻すと、より華やかに反応がよく
悪く言うとうるさくなってしまうかもしれないとのこと…


さらにこの部分
ヴァイオリン3

赤い線が見えますかね?(汗

この部分が凹んでいるらしくて
新しい楽器はとくに1年くらい経つとヴァイオリンの中央付近が膨らんでくるみたいなんです
そうすると魂柱が相対的に短くなる(実際の長さは変わらないですけど、バイオリンの厚みが増してしまう)ので

それが反応の鈍い原因でもあるかもしれないとのこと


長く使っているといろんなことがあるんですね…
ヴァイオリンって本当に繊細な楽器なのだと思いました

千住真理子さんの名器ストラディヴァリウスのデュランティーも
音楽室の湿度が高かったために、別のヴァイオリンで演奏していたくらいですし

温度、湿度に本当に影響をされるのだと…

「こうやって半年に1度見せてもらえば、大事に至ることはまず無いから、ちゃんと見せてください」

大抵は微調整で済んでしまうそうです
放っておくととんでもなくお金がかかったり、取り返しの付かないことになってしまいますから
ちゃんと健康診断はしなくてはいけないのですね…

楽器が戻ってくるのは28日(土)になります

それまでは、学校にある楽器で練習になりますが
結構寂しいですね…

練習頑張ります☆




スポンサーサイト

Comments

ノリコさん、こんばんは!

ご近所にそんな素晴らしい職人さんがいらっしゃるのですね、素晴らしいです!
今回のエントリーはまさしく「永久保存版」!っと思って、右のサイドバーを見たらば、やっぱり(≧∇≦)

これで思い出したのが、科学技術館の「弦楽器フェア」です。
急いで調べたところ今年はもう終わっていました。すっかり忘れていました…(涙)。

自分の楽器が入院していることは寂しいですが、練習頑張ってくださいね(^-^)/

Re: ノリコさん、こんばんは!

> ご近所にそんな素晴らしい職人さんがいらっしゃるのですね、素晴らしいです!
> 今回のエントリーはまさしく「永久保存版」!っと思って、右のサイドバーを見たらば、やっぱり(≧∇≦)
えへへ(笑
読まれちゃってますね~
プラグインって皆スルーしているのかな?なんて思っていたんですけど、気付いてくれて嬉しいです☆


> これで思い出したのが、科学技術館の「弦楽器フェア」です。
> 急いで調べたところ今年はもう終わっていました。すっかり忘れていました…(涙)。
そうなんです!!凄く行きたかったんですけど、オペラの練習とかぶっていて…今年も行けませんでした(泣
来年こそは絶対行きたいです!!


> 自分の楽器が入院していることは寂しいですが、練習頑張ってくださいね(^-^)/
思っていた以上に寂しく、他の楽器だとやる気が出ません(泣
もう自分の楽器が弾きたくてウズウズです!

こんにちは

こんなに前の記事にコメントをつけてすみませんm(_ _)m
去年バイオリンを始めたのでブログ検索中にこちらに辿り着きました。
まだ2年とは思えないほどお上手な演奏にビックリしています(◎_◎)

この記事を見て、とても信頼出来そうな職人さんに楽器をみて頂いてるのだなぁと思いました。
どちらの工房なのかヒントをいただけたら…と思います。

突然のコメントですみませんがよろしくお願いします。

ぷりんさん

> こんなに前の記事にコメントをつけてすみませんm(_ _)m
いえいえ♪コメントありがとうございます☆

> 去年バイオリンを始めたのでブログ検索中にこちらに辿り着きました。
> まだ2年とは思えないほどお上手な演奏にビックリしています(◎_◎)
うあぁ…お恥ずかしい演奏で申し訳ないですが、そういってもらえて嬉しいです

> この記事を見て、とても信頼出来そうな職人さんに楽器をみて頂いてるのだなぁと思いました。
> どちらの工房なのかヒントをいただけたら…と思います。
はい。私はとても信頼しています
ただ、この職人さんは、その世界では有名な方ですが、一般的には知られていません
HPもなければ、タウンページにも載っていない…

それに、楽器は買ったところでメンテナンスをするのが一番です
大手楽器店での購入以外(工房で買った)なら、その工房で見てもらえるのがベストだと思います
私が職人さんのところで購入した楽器だからこそ、メンテナンス料もあまりかからないというわけです

それでも、一度見てもらいたいと思うなら
メールフォームを作りますので、そちらからもう一度私にコンタクトを取ってもらえますか?
個人情報ゆえ、お手数おかけしますがよろしくお願いします

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://stringorchestra.blog47.fc2.com/tb.php/94-96d87014

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。