スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeの旅 

今日は午前中は寝倒して
午後は部屋の掃除をして
夜は「YouTubeの旅」をしていました

まぁ、ようはクラシックをYouTubeで聞きまくっていたのですが
関連動画で気になったものをピックアップして聞いていくというのが「YouTubeの旅」です(笑

まず最初に聞いたのはモーツァルトの「Eine kleine Nachtmusik」でした

いつも弦楽合奏バージョンのものを聞いているので
たまにはカルテットのアイネクも聴いてみようということで

いろんな団体のアイネクを聴いていました~


本当に個性ある演奏で
同じ楽譜なのに、演奏法、音色、ダイナミクス
それぞれの演奏にそれぞれの良さがありました

なかでも一番驚いたのは
弦楽合奏よりカルテットの方が、アイネクの綺麗なメロディがさらに引き立つように思えました

人数がいればダイナミクスが豊かで、より深みのある演奏になりますけど
カルテットでは各パート一人しかいないわけですから、各奏者の個性が際立って
「あぁ…この人こう歌いたいんだ」「この人の音すごく綺麗」とか
弦楽合奏とはまた違う魅力がありました

弦楽合奏でメロディを歌うのはなかなか大変なように思えます…
各々がよく考えて、話し合って、一つの方向へベクトルを合わせていくのは本当に大変
時間も体力も必要ですよね

そんな風に考えていたら
「やっぱりカルテットっていいなぁ」なんて思ってきまして(弦楽合奏がどうこうだからカルテットが好きとか、そういう理由じゃないですけど)


W.A.Mozart : Eine kleine Nachtmusik 3rd - 六本木ヒルズ52F Mado Lounge

W.A.Mozart : Eine kleine Nachtmusik 4th - 六本木ヒルズ52F Mado Lounge


そして
「あぁ…私のアイネクはなんて薄っぺらいんだ」とも思いました

折角、少人数でのアンサンブルなのに
リズム、音程、テンポばかり気にして(いや、これが無いと話にもならないのは分かっているのですが…汗)
全然歌えていない!!

2ndゆえ、刻みが多い中
「刻みでも歌うのか?」という疑問が出てきますけど
でもたまに出てくる「頑張りどころ」では、いい音で歌えるようにならなくちゃなぁと思いました







YouTubeの旅…
アイネクを聴いていたはずなのに、
CDで流れてくるアイネクに合わせて指揮をしている不思議な動画に出会って

そこから何故か
オリエンタルラジオの「武勇伝」ネタの動画に行き着いて
大爆笑していました(笑


「あれ…?私アイネクを聴いていたんじゃなかったっけ??」


と我に返ったときは
若手芸人のコントを見て大爆笑し終わったところでした(爆

「2つのヴァイオリンのための協奏曲」をこんな風に弾いてしまうなんて…すごい!! 

この記事を「クラシック音楽」のカテゴリーに入れたんですけど
本当にココでいいのかな…?

クラシックなんだけど、もはやクラシックでなくなった…みたいな


いや~
葉加瀬太郎の「情熱大陸」の弦楽アンサンブルバージョンはないかな~
と探していたら、何処かの若い男性4人組が色んな場所で演奏している動画を見つけて
ほうほう…こんな感じになるのね~
なんて思っていて、何の気なしにある動画を見たら…


ビックリ…!!


なんかジャズっぽい曲だな~なんて思っていたら…



なんとあのバッハ作曲の
「2つのヴァイオリンのための協奏曲」(通称ドッペル)
ではないか!!!


えぇ~…クラシック音楽ってこんなアレンジも出来ちゃうんだ…
と書いていることとは裏腹に、めっちゃテンション上がりました!!!


だってこの曲が





葉加瀬太郎と古澤巌の手にかかると






ちょーカッコいい!!

スイングしてますよ!スイング!!

中学生のとき「Swing Girls」という映画の影響で(確か主演は上野樹里さんだったような…)
ビックバンドやジャズが流行ったんですね~
その流行が吹奏楽の定期演奏会の曲目にも影響しまして

ジャズとかやっちゃったんですが…

めちゃ難しかったんですね~
スイングってどんな?という…
聞くのとやるのでは全く別物でした~



葉加瀬太郎さんが中心になって活動しているHATS(ハッツ)のメンバーの一人である
古澤巌さんですが…

自由な感じで、本当に音楽が、ヴァイオリンが楽しいです!という感じで弾きますね…
しかもめちゃめちゃ上手いし…

私はやっぱり正統派のクラシックが好きですけど
こういうアレンジも、刺激になっていいですね~

純粋にこの人の音をもっと聞きたくなりました☆

別の曲ではヴァイオリンのフラジオやポルタメントなんかを組み合わせて、鳥の鳴き声を演出したり
本当に自由です!


いやはや…
世の中には凄い人もいるもんだな…
ちょっとCD…いや…ライブDVDが欲しくなりました♪


最後にもう一曲↓





この曲もときどきトリルを入れて、スラーの切れ目をかえてアレンジしていますね


もしかしたら有名じゃないかもしれないけど「あれ?これ…良い曲じゃん?」 その2 

以前書いたその1ではホルストの「Marching Song」を紹介しましたが

今回は…


またしてもホルスト!!!

彼はいい曲書いていますよね~
惑星も素敵ですが、ホルストでは私はどちらかと言うと弦楽が活躍する曲のほうが好きです



今回のお勧めは

「Brook Green Suite」

1楽章のPreludeから流れるようなメロディで心をつかまれ

2楽章のAirでは心に残りやすいメロディで、ゆったりとした空気に包まれ

3楽章のDanceではホルストらしい明るく軽快な付点のリズムで盛り上がります☆


今回は3楽章のDanceをお届け↓




3楽章を載せておいて、こんなことを言うのもなんですが…

1番好きなのは2楽章なんですよね(爆

次に好きなのが1楽章(笑


もちろん3楽章も素敵です!!


この組曲…本当に心に残るんですよね~

ホルスト…やっぱ良いなぁ…うん




ヴァイオリン歴10ヶ月のときの録音… 

こんばんは~

今日はオペラの練習をしていたんですが、
ビブラートや音質の関係で、1stポジションでも弾けるところでも
3~5ポジで弾くと言う…
知らず知らずのうちに難易度が上がりまして、1stポジションは殆ど使わないという状態になってきました(汗
私…弾けるのかな~?
特にG・D線の3ポジは今まで、あんまり使わないで過ごしてきたので
音程が不安定です…

とりあえず、練習頑張ります!
本番は12月13日(日)です…
まだ時間あるからといって、甘えてしまわないようにせねば!!


ところで、ちょっと前に携帯のデータを整理していたら、
ヴァイオリンを始めて10ヶ月9ヶ月経った頃に練習していた録音が出てきまして

これ…他の人みたいにブログに乗せられないかな~?
と思って今の今まで試行錯誤をしていたんですね~(笑

ケータイのmovie機能を使えばよかったものの、ボイスレコーダー機能で録音したせいで
ファイルが上手く当てはまらず、YouTubeでファイルをアップロード出来ず…
だから、iTunesでファイルをmp3に変換して、ブログ上にプレーヤーを埋め込もうとしたら
やり方が分からず(汗

公開できるまで、随分時間がかかってしまいました…


ではでは…
気になる方だけ聴いて帰ってください↓






あれ…?もしや、携帯では聴けないのかな?
一応リンク張ってみます↓

[VOON] 0903 Plink Plank Plunk

はい…
L.アンダーソンの「Plink, Plank, Plunk!」です
これはトレーナーから、左手がスムーズに動けるようになるための練習ということで
初めて出された課題曲です
初めて弾くちゃんとした曲なのに、さっそく3ポジを使っての演奏で…
無茶していたな~(汗
よく考えたらヴァイオリン歴3ヶ月でポジション移動をやっていた気がします(汗


本当は弦楽合奏バージョンの楽譜なんですが、この頃はメンバーが全然足りず(実質、活動していたのは私と部長の2人でした)
ヴァイオリンとヴィオラのデュエットになっています(笑

ふふ…音程外してますね(笑
とくにEとFisが…低かったり高かったり。
あと、中盤から疲れてきてメロディ消えちゃってますね

この曲オールピッツィカートなので、右手がしんどくて、人差し指が水ぶくれになったりして大変な思いをしていました

いや~懐かしい
今弾ける自信ないです!体力的に(爆

あ…
こんな演奏聞かせてしまってゴメンナサイ…

お詫びに、めちゃ上手な演奏を↓



テンポ速いな~(汗
しかもヴァイオリンの背面を擦っていますが…
これやるとニスに負担がかかって傷つくんだよな~
だから、私は「コツン」と軽く背面を叩いてやっていました。
しかし…この動画…最後面白ー!!
ユーモアですね(笑
ユーモアに溢れています!!


続きを読む

もしかしたら有名じゃないかもしれないけど「あれ?これ…良い曲じゃん?」と思ったの 


あぁ…
明日本番です…

ヴァイオリンでの初舞台が県の音楽祭という
なかなか大きな舞台で、寝る前から緊張しています…(汗

明日立つ舞台はお馴染みの近所の大ホールでして
そこで演奏するのは初めてじゃないんですが(フルートで何度か)

…超緊張です(汗

お願いだから、誰も私に話しかけないで…という状況に陥ると思います(泣


明日の本番を迎えますと、ホルベルク組曲はとりあえずお休みという形になると思うんですね~
次はどんな曲にしよう…

今までに演奏してきたのは、どれも1楽章のみだったので、全ての楽章を練習して完成させるか
そっちも手を付けつつ、もう少し難しい曲にチャレンジするか…

トレーナーにも「このメンバーならもう少し難しい曲をやらないとダメ」と言われていまして(レベルアップのため)

私は断然、ホルスト作曲の「セント・ポール組曲」がやりたくてゴリ押しなんですが
チェロが結構大変らしく、チェロ歴1年と経たない1年生が一人で弾くことになるので、ちょっと可哀想かなとは思いつつ
努力かな彼女なら大丈夫でしょう!という期待もありで
揺れています(汗

次の選曲については後日ミーティングで決まりますね~

今日、部長と「好きな曲」について語りまして
そこで先日pizzicatoさんがエントリーされた「カプリオール組曲」や「リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲」、チャイコフスキーの「アンダンテ・カンタービレ」などなど

そこで少し話題になったのが、ホルストですね~
以前、ホルストが作曲した作品が収録されているCDを部長から借りたのですが
その中にある「Marching Song」という曲が中々良いという話になりまして

正直…「ホルスト=惑星」ってイメージが強いですから…
「Marching Song」という曲を知っている方は…少ないと思います(汗

こんな曲です↓

http://www.youtube.com/watch?v=viasbsa8hrE




はぁ…いいです…
低音が奏でるメロディがカッコいいですし、軽快な感じが素敵です

正直、ホルストのCDに入っている「セント・ポール組曲」しかちゃんと聞いていなかったので
この曲の良さに気付いたのは極最近でして(しかも名前が分からない状態で)
名前、作曲者ともに再認識して聞いたのは今日が初めてです(爆

このCD…他にも素敵な曲が隠されているかもしれないので、じっくり聞いてみようと思います!!



あぁ…明日…緊張するな~
明日どんな髪型で出ればいいんだろう…

肩に髪がかかると、楽器がずれちゃったりするので
全てアップにして行こうと思うんですが…

うなじと言うものを久しく出していないので、恥ずかしかったりします(笑
しかも、パーマかかっているので、上にまとめると、なんだか…

キャバ嬢みたいです(爆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。