装飾音符の現代奏法と古典奏法 

今日はオケの雑務をこなした後、レッスンの練習をしました

篠崎ヴァイオリン3巻の
セブシック(3ポジ)やって、音階やって、カイザーやって、ハイドンのセレナーデやって、カイザーやって…


ところが、2つめのカイザー(14番)でつまずきました


装飾音符って今まで何にも気にしないで弾いていたけど
改まって楽譜をみると…どうやって弾くんだコレ?となりました


とりあえず、準備練習として
装飾音符もメロディも全部16分音符にして弾いて音程を確認しました。



篠崎って練習方法とか解説が次のページ(或いは前のページ)に載ってるので
そこを熟読してみると


なんと装飾音符一つとっても、
現代奏法古典奏法の2つの弾き方があると書いてあるではありませんか!!!


マジでー!!知らなかったー…


そんでよくよく読んで考えてみると

拍の頭から装飾音符を弾きだすのが古典奏法
拍の前から装飾音符を弾き、拍の頭でメロディに入るのが現代奏法



……ってことでいいのか?(汗




そんな理論知らなかったけど、今までの曲を思い出してみたら
バッハ、モーツァルトなどの装飾音符
ルロイ・アンダーソン、ザイツなどの装飾音符は違う弾き方してた。



いや~知ってる曲だから今まで弾けてたんだなぁ…


んでカイザーなんて、ヴァイオリン弾く人じゃなきゃ知るわけなくて
14番はどっちで弾くの…?


ってか古典奏法は分かりやすいけど
現代奏法の装飾音符ってイマイチつかめないんですけど…







ということで困ったときのYouTube☆


カイザーなんて動画あるかなぁ…と不安でしたが良いのが見つかりました♪


バイオリン装飾音符の練習・カイザー14番より(Kayser 36 etudes opus20 no.14)



見本演奏が4小節しか聞けないのですが、現代奏法がすごく分かりやすい!!


ふむふむ。
まずは装飾音符を取って、メロディの弓の配分を決めるんですね。
とりあえず最初の2小節をこの動画のように練習してみたら……




わかったー!!!!わかったよ!!!
ビブラートはまだ入れられないけど、現代奏法で装飾音符が弾けた!!



当分は、正確なリズムと弓の配分を守って
余裕が出てきたらビブラートの練習をして行こうと思います☆


見本があるとやっぱり完成図画分かってるわけだから練習にも熱が入りますね~(^-^)



偶数ポジションは難しい 

初めてスマホから記事を書きます!


fc2ブログのアプリを見つけたので、どんなもんかと実際に使ってみようかと





さて、勉強の合間にレッスンの練習とオケの練習をチマチマやっているわけですが


最近ポジションについて悩み中



3ポジに関しては練習開始してから2年以上も経過してるので、そろそろココだ!!という感覚もあるし、
確率も上がってきています



3ポジを必死でやっていた頃は
3ポジさえ弾ければいろんな曲が弾けるーって喜んでいたんですが



最近。
3ポジだけじゃやっていけないなーという感じになっています


なに当たり前のこといってるんだ?って感じなんですけど(笑)



ポジションって偶数は難しいから奇数から練習しなさいって誰かに言われた気がします


でも最近思うこと。


2,4ポジも結構使うんですけどー(泣)





2ポジに関しては1,3ポジの組み合わせでなんとかできちゃったりするんですど

4ポジに関しては……弾けないと結構つらいものありませんか?(;_;)



余計なポジションの移動はフレーズや音色を変えてしまうし



2,4ポジが使えないと移弦も増えて、これまたフレーズや音色を変えてしまう……




まぁそれを言ってしまうとすべてのポジションを使えるようにしなきゃいけないんですけどねー







自分の技術のなさに歯痒さを感じます(-_-;)







ポジションに関しては地味に基礎練するしかないので
地味に続けようと思います


まずは4ポジから!





ちゃんと4ポジで全部の弦が使えるように!!



そう思うと余計にレッスン行きたいー!!

はやく夏休みになれー(><)

3週間ぶりに弾いたら… 

先週の金曜日(6/24)に中学校での教育実習を終えて
また、いつもどおりのキャンパスライフを送っています~

3週間の教育実習…
大変でした~(泣

教科は英語なんですが
私は児童教育専攻…つまり専門は小学校なんです(オマケに音楽)

大学には希望制で、英語専攻の学生と交じって授業受けて単位を取って
中学英語の免許を取得できる制度があるので

私はそれを利用して英語の免許を取得しようとしているわけです


つまり、小学校の免許が主で
英語は空き時間に最低限の単位を取得するという感じになります。


だから、いざ教壇に立ったとき大変でした~(泣)

全学年の授業を2週間フルでもって、指導案やら資料作りやらが間に合わない間に合わない
22:30まで学校にいるっていうのがザラで、ヒィこらヒィこらやってました

他にも道徳やら総合的な学習の時間とか…大変だったー!!


とまぁ、すごーく大変だったわけですが
いってよかったなと思える充実した実習になりました(^-^)







それで、月曜日に久々にヴァイオリンを弾きました

待ち遠しかった…!!
ずっと会いたくてたまらない日々を過ごし、ようやく再会したかの如し。

あらためて、ヴァイオリンに恋をしているのだと思った。



そんで、どれだけ弾けなくなってるんだろうかとビビリながら
調弦して、アルペジオを弾きながらビブラートをかけてチャラ男(私のヴァイオリンの名前)の音色を確認


3週間まったく音出してなかったから、どれだけ捻くれて(音がこもって)しまったんだろう…と思って音をだしたら
案外素直。

私が久々でウキウキしてるからか
心なしかチャラ男の音色も明るかった気がする



しかしあれですね。
3週間も弾かないと、ネックの太さまで忘れてしまうんですね(笑
ネックってこんな太さだっけ?って違和感感じながら教本をおさらいしてました


それに3rdポジションも、今まではココって感じがあったのに
今は何となくこの辺って感じ

まぁしょうがないので地味に音階やって感覚取り戻して行こうと思います



7/3,7/10に試験があるので、レッスンはまだまだお休み。

はやくレッスンにいきたーい!!!
ザイツとっとと終わりにして、篠崎3巻に入りたーい!!
もうかれこれ、先生に一度も聞いてもらえないで2ヶ月練習していることになる…


まぁその癖、中盤難しくて未だに弾けてないんだけど(笑


姿勢と3ポジを見直してみる 

今日から新年度が始まりました~!

そして今日、入学式にてハンドベルとともにJupiter(抜粋)を弾いてきました


なんと、3日前の朝10時、教授から電話がかかってきて

教授「急なんだが入学式でちょっと弾いてほしいんだ」


私「………ハイ。」


教授「なんだ寝てたのか?幸せなヤツだなぁ~。今から学校来れるか?」


私「…ハイ。今から行きます」





そんなこんなで、行ってみるとJupiterのハンドベル譜を渡されました(汗
当然、初見で4ポジ以上の音域を弾けるわけもなく
本番も3日後ということで、オクターブ下げて弾くことになり、特に大きなミスもなく本番を終えてきました


仕上げるまで時間がなくても、これくらいの曲(Sul Gはナシで)弾けるくらいまで上手くなりたいなぁ…と思いました



それで、久しぶりに教授の指揮で演奏して思ったのですが
姿勢が悪くなってました。

ネックが下がって、若干猫背気味。


オケって人数いるから、多少姿勢悪くてもお客さんからは気にならなくて
でもソロで姿勢悪いと「あの人暗くない?」みたいな印象がします(自分の弾いている姿を見てそう思うこともしばしば)


それに、姿勢が悪いと言うことは
弓を自由に使えないことに直結します。


ヴァイオリンはフォームが命。


自分の姿勢を見直してみようと思うのでした






そして、去年の暮れから小野アンナの2オクターブスケールやっていたんですけど
地味に毎日やっても…全然出来るようにならない!!(汗

どうして????やり方が悪いのだろうか。
とくに分散和音が無理。


もしかして、自分にはちょっとレベルが高すぎたのかなぁと思って
篠崎3巻にある2オクターブスケールをやったところ、なんだかできそうな予感

2通りの運指を練習するように指示があって、なんだか為になりそう


そして苦手な分散和音ですが、小野アンナと違ってポジション移動の嵐!!というわけではないので
易しいと感じました。


そういうわけでC-Durの3ポジから始まるスケールをやっていたら
なんだか3ポジの感覚が曖昧になってる気がして、音程もぐらついているように感じました(特にG線)


スケールをするための準備練習が必要なんじゃないか?と思って
G線の3ポジをセヴシック形式で自分でアレンジして練習することにしました

ドレドミ、レミレファ、ドミドレ、レファレミなどなどなど…

いや~G線上って難しい!!


他の弦ではならないんですけど、なんか弦を指で引っ張ってしまうんですよね、D線側に。
そうすると、最初はあっていた音程もだんだんずれてきちゃって…


指を真っ直ぐ打ち下ろすところから練習しなきゃいけないんだなんて!!


なんだか基礎を大切いにしよう!なんて偉そうに言っておいて
全然基礎できてないじゃん……となりました(泣


みせる練習 

テストが明日と迫っていますが
本番も迫っているので、今日はOh Happy Dayの練習をしました


この間、教授と打ち合わせしたものだと
音域が高くて、6ポジまで出てくるんですよ~

しかも本番は2週間後だし、そんなテクニック見せ付けるというより(見せ付けるテクニックもないし…泣)
ノリノリで演奏するのが重要だと考えたので

勝手に1~3ポジの間で演奏するようにしちゃいました(苦し紛れ…汗)


それで、今日のハンドベルとの合奏で弾いたら

教授から「それでいいよ」と


でも、譜読みがほとんどできていなくて楽譜に噛り付いて弾いていたら

「おい。突っ立って弾くな。それじゃまるで木偶の坊だ」


あーそうですよね

ゴスペル歌手が歌っていて、ハンドベルもステップ踏んでいて
私がただ突っ立ってるのもおかしい


でもノリノリで弾くって意外に難しかったです(笑


これくらいノリノリで弾けるとカッコいいですね

http://www.youtube.com/watch?v=wyvL4Cexj1w



ていうか、こんなに動いたら音かすれますよ(笑



聴衆に「みせる」というのも考えなくてはいけないんですね~