本番終わった! 



練習初日の頃は
花のワルツのはずが、まるで枯れ草のワルツになっていた曲も


枯れ草を脱し


田吾作ワルツとなりました(笑)


先生の指導になんとか耐え

貧相ですが花のワルツを頑張りました



弦の人数が本当に少なく
少ないにも関わらず2菅編成曲は無謀でした


ゆえに、ベテランになってしまったOB.OGには
「一人で1プルト分の音量を出せ!!」との指示が出て



頑張りました…!!


すごく弾いてきました


お手伝いではなく
もはや戦力




今、大学ではどこの音楽系の部活が人員不足でピンチなんだそう


合唱部は部員が入らず活動停止
吹奏楽も20人ほど
ハンドベル部も新入生が3名と

危機的状況です




オケでも経験者が入っても来なくなってしまうそう…



なぜ?



それは、ずばり

楽しそうじゃないから!!!!



アンサンブルせず、個人練だけしかしていないから!!!



それじゃ楽しいわけないよ!!


ということで

学生にアンサンブルの楽しさを!ということで


Saturday Orchestra立ち上げました


土曜日に集まり、アンサンブルをします


結構手探りなので
最初は卒業生が中心になり、起動にのったところで
学生にも参加してもらおうと思います



ひとまず、音頭取り、当分の仕切りは私が担当します


年末年始はみんな仕事で忙しいので
1月中に曲決定して楽譜の手配
2月に第1回を開催し、所見大会します



どのレベルの人も参加できる曲もやりたいので
モーツァルトのおもちゃの行進曲とかもやれるといいかなぁと思います



個人的には
ヴィヴァルディの4つのバイオリンのための協奏曲とかやりたいな

巨匠レベルのテンポだった 



オケの本番も近づいて参りました



定演ではアンサンブルもするようで


アイネクとプリンクをやります


どちらも経験済みの曲ですが

さすがに合わせておかないと、ボーイングやら装飾音符の感じやら心配なので


今日、合わせてきました



そうしたら、なんと

テンポが…!!!巨匠レベルに速かった(笑)


アレグロです。確かにアレグロですが…


一通り弾き終わった後

「う…うん。このテンポでやるの?巨匠レベルだね…」


学生「あ…いや、もう少し遅くします。速くなっちゃいました」




うん。気持ちわかる



この曲、ほんと走りやすいのよ





そんなこんなで、本番まで一週間切りましたので

がんばれ学生

そして、もっとがんばれ私(笑)


構え方を見直す 



オケの本番も近いので

バイオリンの練習に熱が入ります



昨日、練習していたら
首に赤い痣ができました


バイオリン弾きによくできるアレです


しかし、その痣の位置が
学生のときにできたところより随分ずれているのです


これはもしや?と思い、鏡で確認すると…


楽器の位置が違う気がする

顎が顎当ての部分ではなくテールピースの上に乗るような形で構えていた


……!!これはいかん!!



昨日の夜は姿見とにらめっこして
構え方を修正しました



でも、見直せば見直すほど

これでいいのだろうか
正しい構え方はこれなのか?


と不安にf(^^;


ネットで調べてみても、微妙に分からん


結局、これかな?という構え方は
感覚としては、鎖骨と顎で支えるというより
左肩と座骨、左顎で支え

楽器の角度は60°くらいなんだが



構え方って改めて考えてみると
結構、感覚的で曖昧なことが多いですね


人によって体のかたちが違うし、当たり前か(^^;

花のワルツならぬ、枯れ草のワルツ 



オケの練習にいってきました


なにげに本番まで3週間切っています



花のワルツをやるのですが

私は最初楽譜を見たときに結構なめていました



特に難しいリズムもなく

なんちゃことないと思っていたのですが



思った以上に弾けない



基礎力がばれる

拍子感のなさがばれる

音程がとれずハーモニーがヤバい


半音階が思った以上に弾きにくく覚えにくい



子憎たらしいね~チャイコフスキーさん(-""-;)



そして、ワルツが難しい
もう3拍子難しい



もうね


花のワルツにならなくって



枯れ草のワルツですよ(ToT)



弦届いた 








弦届きました




ネットはやい!!



とりあえず本番までヴィオリーノを使って

気に入らなかったらオブリガートで