スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弦をポチッとしました 

ふと、

あれ?弦張り替えたのいつだっけ?

弦を眺めると、結構消耗していました

巻いてある鉄が剥がれてきています

ということで、ネットでポチッと購入しました

今回もオブリガートです

特別気に入っているわけでもないのですが、

冒険する気分でもないので、まぁ同じでいいだろうという感じです

以前は、E線だけ別のものを合わせていたこともありましたが

E線が錆びた経験もないし、バランスとかよく分からないから

今は4本とも同じものを使っています

E線はゴールドプラカットを使っている人が非常に多いですね

実は私、手を出したことありません(笑)

コスパがかなり良さそうですね

しかし、オブリガートにゴールドプラカットという組み合わせは聞かないですよね

まだしばらく手を出すことは無さそうです

弦の張り替え 

先日、弦を張り替えました☆

随分前にネットで買いましたオブリガートを張りました。


いつぶりに張り替えたのか覚えていなかったので
記憶やこのブログをさかのぼると、1年半以上張り替えていなかったことが判明…!!

いや~驚いた。

張り替えて、音出した時の輝きと余韻の素晴らしさ!!


しかし、張り替えて1週間

一度も音を出せておりません(ToT)

勤務先で運動会を控えており、今日も石灰まみれになりながらラインを引きまくってきたわけです。

はやく運動会を終えて、石灰でなく、ヴァイオリンを弾きまくりたいわけです…はい


明日が本番の休日出勤になるので、月曜は振替休日

久しぶりに、大学のオケに顔だそうかな~なんて考えていますが
考えているだけで、後輩に連絡も入れていないという…



話を戻すと、

弦ってそれぞれ個性がありますよね~

色々試してみましたが、結構個性的だったのがラーセン社の弦

とっても強くて、張りのある音がしました。とても現代的?
なんだろう…形容しづらいのですが

オブリガートとかの柔らかく華やかな音に慣れている人には
「!?」という感じになると思いますが、これはこれでとても個性がありいいと思います。

私はクラシック一本でやりたいので、もう張ることはありませんが(^^;



学生のころはお金もなかった…けど、いい状態を保ちたくて
安い弦を3か月ごとに交換するという方法をとっていました。

そこで大活躍したのがヴィジョン。

ドミナントより安い。
どんなにいい弦でも結局は張ってから1か月程度で音色は落ちていきます。
だったら音色は劣るけど、華やかさが保てるよう、ヴィジョン使っていました。

でも本番前になれば、ヴィジョンのチタニウムソロというのにグレードアップしていました。
これはもう値段の割にはいいかもしれないという感じで


オブリガートはナイロン弦の中では一番音色を褒められました。
正直、自分の楽器と相性がいいのかはとても疑問ですが(というか何が相性がいいというのかよく分からない)
聞き手にとっては、温かみのある音色だそうです。

私はクールな音も好きなので、あまり心に残る感じではありませんでしたが
聞き手がいいというならこれ張るか…という感じで弦選びは結構適当です(笑



過去にはガット弦を張ったことも
オリーブは高すぎて無理だった…ので、オイドクサを張りました。

いやもうガット弦はすごかった!!
何がすごいって、音色と反応の良さですよ。
立ち上がりがいいというのでしょうか…すぐ角のない、でもはっきりした奥行きのある音色が響くのですよ。

しかし、音程の上下もすごかった。
張っていたのは冬場でしたが±20くらいの変動もあるし
弾いていて「音程変!!だんだん弾きづらい!!」と思って調弦を確認すると
とんでもなくずれていたり…

当時、調弦には耳でできるよう訓練中でしたし(今も自信ない)
調弦にはたっぷりの時間が必要だった。

結局、調弦を楽したくてナイロン弦に戻してしまいましたが
ガット弦の音色の良さは本当に素晴らしかった。

大変だけど、ガットの音色を味わえたことはとてもいい経験です。



またガット弦試したいなぁなんて思う今日この頃です

結局、弦はこれに落ち着いた 


楽器のメンテナンス全然しておりません…



もう毛も限界


毛のキューティクルが剥げて、松脂でむりやり引っかかるようにしているような状態

いい加減、毛替えをしたい。



そして、弦も交換したい


あんまり弾いていなかったとはいえ、1年半は同じ弦を張っています。
錆びてはいないが、響きと輝きは失っている模様



さらに、これはヤバい…と思ったのは


3rdポジションから上のポジションで弦をはじくと

微妙に雑音がしている


う~ん。湿度の関係でネックが上がったり下がったりしているのね

それで弦が指板に触って雑音が…


これは修理に出して、指板を削ってもらわねば…



ひとまず、来月、毛替えをするとして



弦は何を張るかなぁ~




今までに使った弦は


ドミナント
ラーセン
ツィガーヌ
コレルリアリアンスヴィヴァーチェ
オイドクサ
ヴィジョン
トニカ
オブリガート(今はこれ)




おぉ!書き出してみると色々試しましたね~


まぁ、音色・音量ともに申し分なかったのはオイドクサですけど
ガット弦はなぁ…管理が大変
濡らすとすぐ切れるし

切れたらショック…だってめちゃくちゃ高いもん

それに温度・湿度で調弦コロコロ変わるし…

調弦にまだ自信ないしなぁ~(汗

ということでオイドクサはまだ私には早いということで落選




ラーセンとツィガーヌは音色が好みじゃなさすぎるので
もう使うことはないと思う…ということで落選


コレルリアリアンスヴィヴァーチェとトニカは
いいんだけど…音量的におとなしい弦なので、今の楽器には△
ということなので、落選



ドミナントは寿命が短すぎて、う~ん

ヴィジョンは安いから学生のときは重宝していたが、やはり寿命が短いしう~ん

ということで、ドミナント・ヴィジョンも今回は落選




残るオブリガートですが…

前回オブリガートを張ったときは、他人が聞いて「いい音」「いい音色」といい評価をもらえていたし
暖かい音色の感じが好感触だし

ちょっと高いけど…


まぁ…新しい弦を張って冒険する気分でもないので
とりあえず今回もこれでいきますか…



ということで、次に張る弦もオブリガートで




さっそくポチッと購入ボタンを(笑


はい、私
弦はネットで買っています。


近所の楽器店はしょぼすぎてギターの弦しか置いてないし
ちょっと大きい楽器店行っても、ヴァイオリン人口が少ないから
置いてある弦、相当埃かぶってて「いつの?」状態


ネットだと、はやく安く買えるしね(これが一番でかい理由)



さ、明日も楽しく練習しましょ♪

オブリガートとヴィジョン 



オブリガートを張って2週間が経ちました~


予想したとおり、柔らかーい音色でした
その上、温かみがあり、ゴールドのE線は音色がなめらか。


音が広がっていく感じがして、根強いファンがいるのが納得できました(^-^)







しかし。


次にまた張るかと言えば、どうかな~(汗

音色はとても柔らかいですが、もっと輪郭のあるシャープな音がいい気がする
(後輩にはとってもいい音してますよ!!と言われましたが)
音量も、張った直後は良かったんですが、2週間経った感じだと物足りなさを感じます
あと、ザラザラとした雑音もちょっと気になります。
聞き手には全く分からないのですが、私としては弾いていて気になりました



オブリガートってガット弦に比べたらピッチの安定が早いんでしょうけど
ヴィジョンと比べたら、ヴィジョンの安定はピカイチ


張ってから数時間もすれば、ピッチが安定しちゃって
一日に1~2回調弦すればオッケーなくらい安定が早いです


先弓でのアクセントやスフォルツァンドなどを弾くときはオブリガートよりヴィジョンの方がやりやすい
(これがすごくポイント高いんですよね。技術をもっとつけなきゃイカンので、弾きやすさというのをとても重視しています)



そしてヴィジョンはめちゃ安い!
寿命は短いですけど…





と、まぁこんな感じなので
次に張り替えるときは、当たり障りのないヴィジョンにしておこうかなぁと思っている次第です



松脂買っちゃった 


今日は私が所属してるアンサンブル団体のライブだったんですね~
いや~GW中に急にライブの曲目が決まったので、なんだかんだで譜読みを開始したのは本番5日前という…

今までやったことあったり、練習していた曲であれば気も楽だったのですが

Vivaldi Concerto for Four Violins in B minor Mvt.1の4th:solo

Mozart Divertimenti D-Major K136 Mvt.1の2nd

やけに難しいこの2曲がプログラムに…(汗


特にモーツァルトの方は全く練習していなかった曲なので、超練習しました(泣



結果は、ちょいちょい間違えましたが、周りに引っ張られて無事に終えました~




それで、せっかく東京まで出てきたんだから新宿のクロサワバイオリンで弦を買おうと思い
お店に行くと

お目当てのコレルリアリアンスヴィヴァーチェのE線ボールエンドがなくて…(ループエンドしかなかったー泣)


悔しいので商品を色々物色していたら
ふと松脂に目がとまりました。


それで、買っちゃいました。
ベルナルデル



松脂は、初めて1年目はヴァイオリンセットの付属品を使ってました
粒子は粗く、そこそこ粘り気のある松脂でした。色は薄かったけど、透明度はベルナルデルに比べると全然低い。

2年目は、「まず大きな音、しっかりした発音」を課題にしていたので
より粘り気のある松脂を選びました。ピラストロ社のシュワルツ
スチール弦との相性が良い松脂なんですけど、私スチール使ったことないんですよね(笑
当時はまだネットショッピングというのを駆使していなかったので、地元の楽器店では選択肢がなかったんですよね~
価格も1,000円くらいで買えるので、悩んだ結果これを選んだわけです。
見た目は真っ黒。粒子も粗くて、粘り気もある。


そんで3年目に入ろうとしている今。
バリバリ・ガツガツ弾いて鳴らしに鳴らしまくったお陰か、最近「良い音してるね」「楽器の音よくなったね」と言われるようになってきました。
楽器も眠りから醒めてきたようだし(まだ完全じゃないけど)、そろそろサラサラした松脂にシフトしてもいいかな~?っと思っていて
でもどれにすればいいの?と…
アルシェ?黒猫?ギョーム?ピラストロシリーズ?ラーセン?

色んな説明読んだり聞いたりしても、結局試してみなくちゃ分からないことが多いので
人気者のベルナルデルを選びました。

人気者といえば、黒猫も使っている人多いので人気者なのですが
オペラのときプロがベルナルデル使っているのを見かけて、トレーナーもこれを使っていましたし

以前それとなくトレーナーに「弦はもちろんのこと、松脂とかにもこだわった方がいいですか?」なんて質問したときに
明確な答えは返ってこなかったんですが「松脂はこれ結構いいよ」とベルナルデルを勧めてもらったので


それが決め手となりました。


これから毛替えをして、新しい毛になったら使いたいと思います(^-^)








そうそう。シュワルツにかえたてのとき
咳と目の痛みが酷くて、「松脂アレルギーでは?」という疑いがあったのですが
今はなんともないことから、松脂アレルギーではなく別の病気だったんじゃないか?という…(笑

女性は男性より、風邪がきっかけで咳喘息になる可能性が高いみたいですし
しかし、たとえ咳喘息だったにしても
目の痛みは…なんだったんだろう?(笑

今考えるとすごく不思議です。
尋常じゃないくらい咳出たんですけどね~

そもそもアレルギーの検査とかうけてませんしね。
ま、今なんともないんだから気にしないことにします(爆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。